一般歯科

FOR GENERAL

一般歯科

むし歯治療

むし歯がどうしてできるのか

むし歯がどうしてできるのか

お口の中にはむし歯菌がいます。その細菌は飲食物に入っている糖分を材料に酸を出します。ダイヤモンドのように硬い歯のエナメル質も細菌の出す酸に長時間晒される事で溶けてしまいます。これがむし歯の正体です。
細菌、糖分、時間の組み合わせが歯に穴を開けてしまうのです。残念ながら一度お口の中に住み着いた細菌を無くす事は不可能なので、むし歯予防は糖分を含めた食生活の改善が必要です。

むし歯の進行

  • C0むし歯の前兆

    むし歯の前兆

    歯の表面からカルシウムなどの無機成分が溶け出しはじめます

  • C1軽度のむし歯

    軽度のむし歯

    表面のエナメル質が溶け始めます。まだ痛みはありません。

  • C2中度のむし歯

    中度のむし歯

    むし歯が進行し象牙質に達します。冷たいもの、甘いものなどが染みてきます。

  • C3重度のむし歯

    重度のむし歯

    歯の神経(歯髄)までむし歯が達します。ズキズキとした痛みがひどくなってきます。

  • C4最重度のむし歯

    最重度のむし歯

    歯全体がむし歯に侵され歯値だけが残ります。神経(歯髄)が死んで、歯根に膿がたまります。

当院の虫歯治療

  • 01

    痛みに最大限配慮します。むし歯治療の際には麻酔を使用し、麻酔時に注射の痛みを軽減するために表面麻酔をします。当法人では可能な限り無痛での治療を心がけており、麻酔の方法において全ての歯科医師で標準化しております。

  • 02

    少ない回数で終われるように治療計画を立案します。通院回数を減らすために1度で可能であればむし歯治療は同時に行います。

  • 03

    可能な限り歯を残すことを約束します。歯を残すため神経はできる限り残します。
    既に神経を取ってしまった歯の治療、また神経を取る必要がある治療の際は、歯内療法専門医が処置することで飛躍的に歯の寿命を伸ばすことが可能です。

日本歯周病学会専門医

歯周病専門医 井川貴博

歯周病専門医 井川貴博
歯周病専門医 井川貴博
  • 東京医科歯科大学 歯学部歯学科 卒業
  • スウェーデン・Malmö大学 Research Fellow (ITI Scholar2019/2020)
  • 東京医科歯科大学 歯周病学分野 非常勤講師
  • 日本歯周病学会専門医 日本歯科保存学会認定医
  • 国際インプラントスペシャリスト認定医

歯周病治療

どうして歯周病になるのか?

むし歯の原因菌が歯を溶かしてしまうと同様に、歯周病の原因菌は歯槽骨(歯を支える骨)を溶かしてしまいます。歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)に住む細菌は、痛みや症状無く骨を溶かしてしまい、ご本人が症状に気付いた時には抜歯になる可能性もあります。多くの方が身体の変調を心配する時、痛み、腫れなどから「病気」を疑い病院や歯科医院を受診されます。しかし歯周病はこの痛みや腫れといった症状はかなり進行してからでないと感じない病気です。これが歯周病の発見を遅らせ、その結果日本人の40代以上の8割が歯周病といわれている原因です。

また歯周病の怖さの一つとして「口臭」があります。口臭はどれだけ身近な人でも指摘しづらく本人は気付く事ができません。しかし老若男女全ての人は、自分が「臭い」と思われるのは嫌です。口臭が気になると胃が悪いと心配される方もいますが、口臭の原因の9割以上はお口の中の問題です。そして、歯周病菌が出す悪臭が一番酷いですが治療は可能です。歯周病によって歯が抜けないようにすることも大切ですが、社会生活を送る上でも口臭は治療、予防しましょう。

人がどれだけ丁寧に歯磨きをしても歯垢は100%取りきれません。歯垢の中には歯周病菌が存在しており、放置してしまうと歯周病は進行していきます。テレビのコマーシャルなどで、歯周病に効く歯磨き粉、歯周ポケットの奥まで届く歯ブラシなどセルフケアによって歯周病を予防できると思われるような見せ方をされてますが、残念ながら商品によって期待できる薬剤などの効果は差がありません。歯科医院にて歯周病を治療、予防しましょう。

歯周病の進行

  • 健康な歯肉

    健康な歯肉

    歯茎が健康なとき、歯は歯肉組織によってしっかりと保持されています

  • 歯肉炎

    歯肉炎

    歯の周りに歯垢(プラーク)がつくことで歯肉に炎症が起こり、歯茎が腫れるようになります。

  • 軽度歯肉炎

    軽度歯肉炎

    歯周ポケットが深くなり、歯を支えている骨(歯槽)が溶けて喪失しだします。歯を磨くと出血も見られます。

  • 中度歯肉炎

    中度歯肉炎

    歯槽の喪失が増え、歯が動くようになります。膿が出ることもあり、口臭も気になります。

  • 重度歯肉炎

    重度歯肉炎

    歯槽骨が2/3以上喪失し、歯がグラグラになり、やがては抜けてしまいます。口臭はより強くなります。

当院の歯周病治療

  • 01

    歯周病専門医の指導のもと、治療計画を立案します。
    歯周病は痛みなどの症状がないままに進行し、気付いた時には手遅れ(抜歯)になることもあります。そうならないために、歯周病専門医と歯周病学会所属の歯科医師、歯科衛生士が連携して患者さんの治療にあたります。

  • 02

    歯周病の治療は歯石を取ることと、歯垢(細菌)を自分で取れるようになること
    歯周病の治療は大きく分けて2段階あります。第一段階(歯周基本治療)として歯石を取り、歯ブラシを上手に磨けるようになることです。当法人では歯茎の上にある歯石と歯茎の下にある歯石を可能な限り少回数(保険のルールにより4〜8回)で行います。歯石取りの通院のなかで患者さんご自身のブラッシングがうまくなるようにサポートします。

  • 03

    メインテナンス
    歯周基本治療が終わったらメインテナンスへ移行です。残念ながらメインテナンスせずにずっと自分の歯を守ることは非常に難しいです。1〜3ヶ月に1度の定期的なメインテナンスをすることで、歯周病の再発を防ぎます。同時にむし歯の予防も行えるため、歯周病とともにむし歯の再発も防ぎます。

歯内療法専門医

歯内療法専門医 時田大輔

矯正専門医 時田大輔
歯内療法専門医 時田大輔
  • 東京医科歯科大学 卒業
  • 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 口腔機能再構築学講座 歯髄生物学 卒業
  • 歯学博士(歯内療法学)

根管治療

根管治療とは

  • 01

    専門医による知識と技術
    関東から歯内療法専門医を招聘し診療にあたってもらいます。当法人の専門医は歯学部の最高学府である東京医科歯科大学の歯内療法科にて診療、研究の実績があり、非常に高いレベルの知識と技術、そして経験を持っています。一番大きな違いはこのスキルです。

  • 02

    治療時間と回数
    日本の保険制度では制約があり1回30〜45分で4〜5回かかってしまうことが多い根の治療ですが、治療の間の仮蓋からの細菌感染を考えると最善ではありません。自由診療の根の治療では約90分かけて回数は1〜2回で終わります。

  • 03

    材料差
    いま根の治療で最も効果的と世界的に認められているMTAセメントが保険診療では使用を認められておりません。自由診療ではこの薬剤が使用できます。また治療は全て顕微鏡下、ラバーダム防湿での処置です。

料金

治療方法 金額 美しさ 強度 特徴
セラミックレイアリング ¥165,000 ◎◎
前歯一本のみを被せる場合に向いています。
前歯一本のみの色合わせが一番難しいと言われています。満足いくまで追求することができます。
※印象(型取り)が必要です

セラミックステインあり ¥110,000
焼き付けることで色・艶などさらに見た目の追求ができ、強度が増します。
※印象(型取り)が必要です

セラミックステインなし ¥88,000
口の中をスキャンして型取りすることで、精密な被せ物を作成することができます。
天然歯に似た硬さで、噛み合う歯を痛めません。ご自身の歯の色に合わせて白い歯を作成できます。
※印象(型取り)が必要です

銀歯CADCAM冠 約¥5,000〜7,000
(保険適応)

非常に硬い金属の為歯を痛めやすく、金属イオンの溶出により歯茎が黒くなることがあります。
また、条件を満たした場合は「CADCAM冠」で白い被せ物にあることができます。
二次カリエスや金属アレルギーのリスクがあります。

INFORMATION

アクセス情報・診療時間

多治見市にお住まいの方はこちら

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0572-57-6533

〒509-5202 岐阜県土岐市下石町304−115

診療時間
8:30 - 17:30 -
定休日:日曜・祝日 ※最終受付:17:00

土岐市・瑞浪市にお住まいの方はこちら

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

0572-53-2011

〒509-5112 岐阜県土岐市肥田浅野笠神町2-11-1
中央道 土岐インターより5分

診療時間
  8:30 - 12:30 - -
14:00 - 17:30 - -
定休日:水曜・日曜・祝日